memento88(メメントパパ)「トレポン用の ダミーボルトカバー」

memento88

皆さまこんにちは、MOMOPAPAです!

今回は

トレポン用の

ダミーボルトカバーについてです!

トレポン 。。

私が初めて触ったのは7年くらい前にトレポン ショップでの試射でした。

その時はアンビセレクターもなく、チャージングハンドルも引けず、ダミーボルトもなくダストカバーは閉まりっぱなし、ギアノイズも結構大きく「欲しい!」ってまでには至らなかったんです。

その頃私は次世代M4を必死で弄ってました。

そして最近、FLYHIGHオープンにあたりFLYHIGHのレンタル用のトレポンにロゴを刻印するためトレポンを預かりました。アンビセレクターが装備され、ギアノイズも抑えられかなりスムーズに。撃ってみたら弾道も素直。

7年の間に色々進化してました。

私も欲しくなりキットを買ってしまいました。

7年前に不満だった部分。

アンビセレクターは解決したので

ダミーボルト、チャージングハンドルの可動。

この二点なんとか解決したいと思いました。

今回は「ダミーボルトカバー」についてお話しします。

まず開発にあたり考えたのは。

1、取り付けにあたりアッパーレシーバーの加工は一切しない。

2、簡単に取り付け、取り外せる。

3、電動ガンのダミーボルトのようなプレスののっぺりしたカタチではなく、

なるべくリアルな形を再現する。

この三点を目標に開発スタートしました。

まず固定方法。

トレポンの場合アッパーレシーバーとシリンダの間のスペースがほぼありません。どうするか考えた末。イジェクションポートの前部分はシリンダの前にチャンバーが見えます。

そう、ダミーボルトからリング狀のパーツを生やしてチャンバーに固定出来ればいける!

ここで問題発生。ダミーボルト取り付けの際、ダミーボルトを金属で作ってしまうと、取り付けの際ケースディフレクター(エジェクションポート後方の出っ張り)が邪魔で取り付けできません。

そこで!!!

私が得意なABSの削り出しで製作!

弾性のあるABSでダミーボルトを製作してケースディフレクターの出っ張りの上をダミーボルトを曲げながら装着できるように。

更に、シリンダー上に乗っけるかたちになるので違和感無いようになるべく薄くさせたい。

ボルト形状に立体感をもたせたい。

この両方の問題を解決出来るギリギリのラインで設計しました。

設計は3D CAD

製作は熱処理済みのABSの板材を材料にCAMでプログラムしマシニングによる削り出し。

弾性のあるダミーボルトカバーが出来ました。

トレポンの構成上、ガスブロのように奥まったボルトは再現不可ですが、かなりリアルに出来たと思います。

折角なのでバリエーションも色々作ろうということでマシニングで彫刻したものも増やしました!

通常ver ¥4980(税込)

BCM刻印塗装ver ¥6980(税込)

BCM刻印ver ¥5980(税込)

NOVESKE刻印ver ¥5980(税込)

HK刻印ver ¥5980(税込)

かなりリアルな外観になりますので

オススメですよ!

 

現在、FLYHIGHにての店頭販売の他

通信販売も受け付けしています。

通信販売は目下専用のサイトを作成中ですが、もう少しかかりそうです。

それまでは、メールのやり取りにて承っていますので、

下記お問い合わせフォームより お気軽にご連絡ください。

 

通販ページ開設しました

以下よりご購入できます。

http://shop.sb-flyhigh.com/

 

 

 

次は可動式チャージングハンドルですね!

お知らせ
定例会開催のお知らせ

こんにちは、FLYHIGH店長です。 この度、FLYHIGHは来月2018年10月より各フィールド様 …

お知らせ
全日本模型ホビーショーに行ってきました!

こんにちは、店長です。 本日は 全日本模型ホビーショーに行ってまいりました! 早速ですが、東京マルイ …

memento88
コスタキャリーコンプできました!

こんにちは、店長です。 今日はMOMOPAPA氏が趣味で作りあげた銃がとても良く出来ていまして、 そ …